• 渡邉幸生

【コラム】アドラー心理学で人間の思い込みを防ぐ


明けましておめでとうございます。

今年もアドラー心理学をベースにマネジメントに役立つ記事を更新していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

さて、新年最初の記事は昨年の外国人実習生制度を巡る報道を例に、アドラー心理学への示唆を述べたいと思います。

尚、本稿はあくまでアドラー心理学の学びを目的とした記事であり、入管法改正や外国人実習生制度の是非を論じるものではありませんので予めご了承ください。

さて今回の入管法改正に関連して度々耳にしたのが、外国人実習生の失踪人数が半年で4,000人に達したという報道です。このままのペースで推移すると、その数は過去最多を更新するそうです。

当然、失踪人数は少ないに越したことはなく、現時点で4,000人超もいることは確かに憂慮すべきことだと思います。

ただ、その数を違った視点で捉えると、別の考えも浮かんでくるかもしれません。

現在日本で実習生として活動している外国人は全体でなんと26万人もいるそうです。

26万人中、半年間で失踪した人数が4,000人ということは割合で言えば約1.5%になります。

これを年間として単純計算すると失踪の数はその倍の約8,000人となり、割合にして約3%ということになります。

この1.5%や3%という数字を多いと見るか、少ないと見るかは人によって解釈が分かれるところだと思いますし、専門家の意見を仰ぐ必要もありそうです。

ただ、「4,000人」ととるか「1.5%または3%」ととるかで、解釈に変化が起こる人も中にはいるのではないでしょうか?

また「失踪人数が過去最多」という表現も、そもそも外国人実習生の総数が今年仮に大幅に増加していたとしたら、また違った解釈が生まれるかもしれません。(総数の推移は私の方では把握しておりません…。)

これ以外にもより詳細なデータを加味すると、さらに新しい解釈が生まれてくるかもしれません。

ここで何が言いたいかというと、我々が「多い」とか「少ない」といった判断をするとき、その背後にある客観的事実を十分に捉えているだろうか、ということです。

アドラーは「人間は主観の世界に生きている」と主張しました。

これは言い換えれば、人はそれぞれ自分の「解釈」の世界に生きているということです。

だからこそ、「解釈」の背後にある「事実」を適格に捉えなければ、その「解釈」は単なる「思い込み」につながる可能性があります。

わかりやすくコーチングで例を挙げますと「会社でみんなが私を嫌っています」と相談された時、「誰と誰があなたを嫌ってると思うの?」とクライアントに聞いてみると、50人いる部署の中で具体的に名前が挙がるのは3~4人ということがあります。

自分を嫌っている人は確かにいるかもしれないが、少なくとも「みんな」ではないわけです。

また、マネジメントにおいては、部下が「お客様のほとんどがクレームを言ってます!」と言う時、「担当顧客200人のうち、具体的に何人からクレームを聞いたの?」と尋ねると、「今日アポで会ったお客様3人からです」ということもありました。

もちろん「50人中3~4人が嫌っている」「顧客200人中3人からクレームがあった」、これらをどう解釈するかは本人や会社の判断になります。

それでも、少なくとも自分の解釈の背後にある事実を適格に把握することで、問題の見方や解決の打ち手が今までとは変わってくる可能性があります。

アドラー心理学では人間の主観による思い込みを総称して「ベーシック・ミステイク」と言います。

リーダーのあなたに求められることは「ベーシック・ミステイク」に陥ることなく、しっかりと客観的事実を押さえて判断すること。

また「ベーシック・ミステイク」に陥りそうな部下に対して、その背後にある客観的事実に気づかせてあげることです。

通常、「事実」があって「解釈」が来ます。その「解釈」が果たして十分な「事実」に基づいてなされているのか。リーダーのあなたはそこを心掛けてほしいと思います。

【講座開催のお知らせ】

アドラー心理学入門講座<勇気づけ編>

コーチングや1on1ミーティングをやっても成果が出ない…。

むしろ、やればやるほど部下が嫌がり逃げていく…。

この場合、あなたは部下にとって「勇気をくじく」存在になっているかもしれません。

コーチングや1on1に必要なのは、スキル以上に「勇気づけ」の視点です。

「どうすれば他者に勇気を与えることができるのか?」

この講座では、その「勇気づけ」の手法を身につけていきます。

日時:2019年1月24日(木)19:00~22:00

会場:東京都中央区八重洲1-9-8 八重洲藤山ビル2階(東京駅 地下出口から徒歩0分)

料金:10,800円(税込)

定員:10名

申込サイト:https://www.0553.jp/eventpay/event_info/?shop_code=8737190393730998&EventCode=P106182072

#ビジネス #マネジメント #コーチング #アドラー心理学

73回の閲覧

一般社団法人アドラー・ビジネスマネジメント協会

東京都新宿区北新宿3-20-1-208

adler.biz.4.you@abm.or.jp

  • Facebook Social Icon

© 2015 by Adler Business Management Association