• 渡邉幸生

アドラー心理学:「嫌われる勇気」への大いなる誤解


※最後に「無料メール講座」のご案内もあります。ぜひそちらもご覧ください。

書籍『嫌われる勇気』(岸見一郎・古賀健史 著 ダイヤモンド社)によって注目を浴びたアドラー心理学。

「他人の人生を生きない。」

「嫌われる勇気を持って、自分の人生を生きる。」

読んだ方々に感想を聞くと、こうした部分が心に刺さっているようです。

それはとても良いことだと思います。

しかし一方で、「たとえ人に迷惑をかけて嫌われたとしても、自分のやりたいことを積極的にやろう!」と、その解釈を誤解している方も多く見受けられます。

せっかくの名著も誤解されてはあまりにも残念…。

アドラー心理学に携わる者として、今回のコラムではその建設的な解釈を考えたいと思います。

ここで、ちょっと想像してみてください。

あなたの組織でみんなが「嫌われる勇気を持って」「自分らしく」「自分のやりたいよう」に行動したら、どうなるでしょうか?

「この仕事はやりたくありません。」

「その仕事はやりたいです。」

「あの顧客のところへは行きたくありません。」

本人の意思を尊重したくても、全ての意見を取り入れていてはビジネスが成り立たなくなります。

やがて組織も崩壊してしまうでしょう。

ですから、やはりそこには一定の節度や配慮というものが必要になるわけです。

「嫌われる勇気を持って行動して、多くの人に迷惑をかけました。」

「結局、自分のやりたいことはやったが、誰に対しても貢献しませんでした。」

これではとても健全な生き方とは言えません。

では、どう解釈すればよいのでしょうか?

アドラーは自身の心理学で「共同体感覚」というものを最も重視しました。

かんたんに説明すると、人は必ず何かしら共同体に属しています。

会社、家族、学校、地域、国など、どれも共同体です。

「共同体に属していない」という人など誰もいません。

より大きな視点で見れば、我々は地球上で「人類」或いは「世界市民」という共同体に属しています。

そうした共同体への所属意識や、共同体への貢献意識を総称してアドラー心理学では「共同体感覚」と呼んでいます。

確かに「嫌われる(ぐらいの)勇気」を持って、「自分らしく生きる」ことも大切です。

しかし、「共同体感覚」を抜きに自己中心的に振る舞うのなら、それはただの「傍若無人」にすぎません。

「嫌われる勇気」とは、決して社会で好き勝手に生きる勇気ではないのです。

ここでアドラーの言葉を紹介します。

“自分のことばかり考えていないだろうか?

奪う人、支配する人、逃げる人、

これらの人は幸せになることができないだろう。”

(「アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉」小倉広 著 ダイヤモンド社より)

自分の振る舞いが「共同体感覚」に反していれば、アドラーの意図していることとは異なります。

単に「嫌われる」ことが「幸せ」につながるわけではありません。

より大切なのは「自分らしい生き方」が、「共同体」への貢献になっているのか。

そこへの配慮が何よりも必要です。

では数ある共同体の中で、いったいどの共同体への貢献を考えればよいのでしょうか?

そのヒントとして、もう一つアドラーの言葉を紹介します。

“判断に迷った時は、より大きな集団の利益を優先することだ。

自分よりも仲間たち。

仲間たちよりも社会全体。

そうすれば判断を間違うことないだろう。”

(「アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉」小倉広 著 ダイヤモンド社より)

いかがでしょうか?

ビジネス的に言えば、「部分最適でなく、全体最適を考える」という意味合いになるでしょうか。

ぜひ建設的な解釈のもとにアドラー心理学の理解を深めていただければと思います。【終】

【1dayセミナーのお知らせ】

「アドラー心理学セミナー:リーダーのための勇気づけマネジメント」

人の扱い方など人材マネジメントが苦手な方も、アドラー心理学の活用で「対話で人を動かすリーダー」に変わることができます。

ビジネスでもプライベートでも、人間関係のコツがわかります。

他者にポジティブな影響力を発揮できる「勇気づけの存在」になることを目指します。

詳しくはこちら⇒ webサイト

【無料メール講座のお知らせ】

「プロ・ファシリテータ―が教える!会議の生産性を上げる7つのコツ」

あなたの会社ではムダな会議が行われていませんか?

法人を対象にアドラー心理学をベースとした会議ファシリテーションを展開している著者が、会議の生産性をあげるコツをお伝えします。

購読はお名前とメールアドレスを入力するだけ。

無料ですのでお気軽にどうぞ。

詳しくはこちら⇒【ご案内サイト】

#アドラー心理学 #コーチング

498回の閲覧

一般社団法人アドラー・ビジネスマネジメント協会

東京都新宿区北新宿3-20-1-208

adler.biz.4.you@abm.or.jp

  • Facebook Social Icon

© 2015 by Adler Business Management Association