• 渡邉幸生

【コラム】プロが選ぶ!アドラー心理学を理解するうえで読んでおきたい3冊


当協会の講座を受講された方々からよく受ける質問が、「アドラー関連で、おすすめの本は何ですか?」というものです。

今回はその質問に答える形で、アドラー心理学を理解するのにおススメの3冊を紹介したいと思います。

まず最初の1冊はこちら。

「嫌われる勇気」岸見一郎/古賀史健 共著(ダイヤモンド社)

既に読んだ方も多いかと思いますが、世にアドラー・ブームを引き起こした言わずと知れたベストラー書です。

登場人物はたった2人。

迷える一人の青年が哲人(哲学者)に議論をふっかけ、哲人がアドラー心理学の観点から青年を諭してく内容の一冊。

青年が抱く悩みに共感する人も多いかと思いますが、そんな悩みに哲人が穏やか且つ厳しく、建設的に生きるヒントを与えてくれます。

はっきり言って、読み物としてかなり面白いです。

アドラー心理学に関して読者をここまで惹きつける書は他にないのではないでしょうか。

一方で、ストーリーの面白さを意識したせいか、かなりエッジの効いた挑戦的な内容になっているため、一部アドラー心理学の解釈に誤解を与えたことも事実です。

それは、この書を原作として2017年に放送されたTVドラマ「嫌われる勇気」が良い例です。

ドラマ内のアドラー心理学への解釈が一般的なものとあまりに異なっていたため、アドラー関連の某団体がTV局に抗議文を出す騒ぎに発展しました。

ですから、この「嫌われる勇気」一冊で、アドラー心理学をすべて理解した気になるのは禁物だと個人的に思います。

あくまで、アドラー心理学に関心を持つきっかけの書として位置付けてほしいと思います。

続いて紹介するのがこちら。

「勇気づけの心理学」岩井俊憲 著(金子書房)

アドラー心理学一筋30年(以上)。

私の師でもある岩井俊憲先生による一冊。

奇をてらわず、「勇気づけ」の観点からアドラー心理学について実直に書かれています。

基本書的な性格で、私も今に至るまで何度も読み返しています。

読めば読むほど味が出るといったスルメのような本で、毎回新しい発見を得られる本です。

非常に丁寧な文章で書かれていますが、アカデミックな要素も残してあるため、「嫌われる勇気」に比べれば人によっては少し堅苦しく感じるかもしれません。

それでも良書であることは間違いなく、読んでおくべき一冊だと思います。

そして、3冊目に紹介するのがこちら。

「アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉」小倉広 著

(ダイヤモンド社)

私の尊敬する先輩であり、同士でもある小倉広さんの著書。

「嫌われる勇気」が青本であれば、こちらは赤本と言われています。

こちらの本は右ページにアドラーの至極の言葉、左ページにその言葉に対する解説が書かれています。

アドラーの言葉がとても哲学的で心に刺さる1冊です。

もちろんいきなりこの本を最初に読むのも良いのですが、個人的には前述の2冊でアドラー心理学の全体像を掴んでから読むと、アドラーの言葉への理解がより一層深まるのではないかと思います。

いかがでしょうか?

この3冊以外にも良書はたくさんありますので、適宜ご案内していきたいと思います。

<アドラー心理学入門講座のお知らせ>

【5/11開催】アドラー心理学入門講座<コミュニケーション編>

【5/18開催】アドラー心理学入門講座<勇気づけ編>

アドラー心理学の基礎をワークショップ形式で、やさしく・楽しく学んでいきます。

特に「職場などの実生活でアドラー心理学をどう活用するのか?」

という観点で学んでいきます。

<コミュニケーション編>と<勇気づけ編>

どちらからでも別個にお申し込みいただけます。

当協会の人気講座ですので、ぜひご参加ください。

詳細は以下の案内サイトへ

<コミュニケーション編>サイト

<勇気づけ編>サイト

<無料メール講座のお知らせ>

プロ・ファシリテータ―が教える!会議の生産性を上げる7つのコツ

アドラー心理学を活用し、プロの会議ファシリテータ―として様々な企業の会議に携わる当協会の渡邉幸生が、成功する会議のコツを7日間メールでお伝えしていきます。

詳細は案内サイトへ。⇒ こちら

#アドラー心理学 #書籍

303回の閲覧

一般社団法人アドラー・ビジネスマネジメント協会

東京都新宿区北新宿3-20-1-208

adler.biz.4.you@abm.or.jp

  • Facebook Social Icon

© 2015 by Adler Business Management Association